今井翼氏やジャニーズいろいろと。日々いろいろらくがき帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今更・・・周回遅れもいいとこですが(苦笑)。
先週の大阪の感想を簡単に?記しておこうと思います。



約1年ぶりのツバティ・・・いやピロティホール、楽しかったです。
改装したそうだけど、客席が互い違いになったくらい?てくらい前回と同じでした。

中は暑いよと聞いていたけれど、本当に暑かった。
仙台では外で待ってるときに防寒代りになったリストバンドが暑かった(笑)。
今回は仙台で買った黒Tシャツを着て参加。
限定Tシャツは青いラインの入った方だけお買い上げ。

仙台では右斜めから見ていたので、初めてちゃんと全体が見れました。
翼子の映像とか、シャララのPVとか。
翼子・・・松井くんが見れたのは嬉しかったー。
基本的には滝のと同じで、松井くんにも翼を持ち上げさせるという同じ流れで(笑)。
微妙なびーなす笑った~。松井くん、あまし音感ない(笑)。
でもよく出てくれたなあ。ありがとうございました。
シャララは、あれ、歌詞と合ったドラマになっているんですね。
途中なんかのノート?ネタ仕込み?みたいなのを滝が見てるのがらしーなとちょっと思った(笑)。


翼さんはとにかく楽しそうでした。
ニコニコとしてて。
ただ、今回は双眼鏡使わずに見ていたんで、ステージにいるときは気付かなかったのだけど。
サイド側に来た時、翼がお顔を上にあげたときのアゴのお髭に思わず釘づけ。
もはや笑ってしまった・・・あれは凄かった(笑)。

翼とファンの仁義なきヒゲ&太ったの戦い(笑)。
どっちも引かないこの戦い、面白かったー。
ヒゲでもいいと言う人、会場で2割くらいいたかな。
私はヒゲはもう慣れてきてるし、絶対拒否ほどでもないけれど、どっちがいいかと言われれば、そりゃない方がいい(笑)。
来月のインテックスに、翼さんはどういう姿で現れるか。
楽しみ~。ふっふっふっ。

大体は仙台と同じ流れだなと思ったんだけど。
そういえば、いつのまにバックボーンはサビのところで腕をぶんぶんする振りになったんだろう?
この曲ってこじゃれたジャズというか、クラップするノリだと思っていたのでそこだけ違和感を感じてしまい。
周りがぶんぶんする中、私はクラップしていて、隣見たら友達もクラップしていて。
後でこの話をしたら友達も同じようなことを感じていたらしく、嬉しかったなあ。

愛タカを歌い始めたとき、ファイブがツアーTシャツに着替えてないのがおかしいな?とは思ったんです。
でも仙台しか見てなかった私は、Deep~が飛ばされたことに気付かず(汗)。
滝が出てきたとき。最初はこの黒づくめの人は一体誰!?と思っちゃった(笑)。
そしてその歓声の凄いこと凄いこと。
昔、初期のSHOCKの楽で剛くんが出てきたときを思い出しました@地響きするような歓声。
私の左隣側がユニファンが多かったのかな?だったからなのもあったのかもしれないけれど。
これまでにも滝が翼のソロや舞台に来たことはあったけど、歓声のレベルが違っていて。
反響の大きさにびっくりでした。
と同時に、ああ私は翼バカなんだなあ~と改めて思ったり。

ユニをいやとは思わないし、続けるならちゃんとやってって思うし。
来てくれたのはありがたいなあとは思う。
だってこの公演のためだけに東京から来てくれるって凄い(笑)。

今回、とかくユニを強調していた翼さん。
これまでのソロコンでは今井翼個人のソロを見たなあと思っていたのだけれど。
仙台で見たとき、今回は滝翼というユニットの中の翼のソロコンだなという印象でした。
セットからT&T入ってるし。
それはそれで見てて(参加してて)楽しかったしまあよいんです。
大阪でお友達と話してるときに、今回はD&R集大成という言葉を聞いて腑に落ちたんですね。
まさに今回は翼さんに余裕があって、楽しんでる感じだったなと思うので。

ただ、昨年秋のユニコンでソロコーナーを無にしたんだし、ソロライブでも区別はして欲しいなあと思う。
滝の歌を歌うというのは面白い趣向だと思うし、みんな楽しくタカラモノも歌って踊ってる。
それでいいと思うんだけどなあ。
フラメンコ@言葉遊びでまでユニ名が出てきたのにはたまげました。
何でもかんでもユニに繋げてお話するのはどうなのかなぁと思ってしまったのでした。


と、ぶちぶち言ったりもしますが。
なんやかんや言っても、今井翼観察はオモシロイので。
非日常なあの楽しい空間はまさにタカラモノ。

今年はユニメインの年なんだろうなと思うけれど。
また次回。新たな翼ソロワールドにも期待です☆
スポンサーサイト
2011.02.13 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。