今井翼氏やジャニーズいろいろと。日々いろいろらくがき帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
昨日、友達に誘われて見た舞台「イリアス」
久しぶりにりゅーとぴあ行きました(たぶん、去年のノイズム以来)。
この舞台のお話を初めて聞いたのは春だったんだけど、チケットが取れずキャンセル待ちとなり。
見ることが決まったのが2週間前。
だもんで?何の前情報も下調べもせずに見ましたが。
何も知らずに見るには・・・ギリシア神話の世界は深かったです。



イリアスとは。
紀元前13世紀頃に起きたとされる「トロイア戦争」を、紀元前8世紀頃に吟遊詩人ホメロスがまとめ上げた世界最古の叙情詩。

今回の舞台は、この膨大な叙情詩をたった13人の役者さんが演じていました。
10年間続いたというトロイア戦争を、お話というよりも、役者さん達のセリフ、言葉で舞台が進行していく。
セットも石段がちょこっとあるくらいな簡素さ。
ギリシア軍とトロイア~~対立する人間達8人に、その場に居続けたコロスと言われる5人の女性達。
コロスが時にはトロイアになり、戦争の様子を語る。
舞台左端ではバイオリン、ギター、ピアノを演奏者さん達。
つまり、背景音楽が生演奏。

こういう舞台は初めて見ました。
「言葉」で綴られて行く舞台。
シーンごとに舞台後ろのスクリーンに「運命」とか「殺戮」とかそのシーンのタイトルが出ていて。
とにかく簡潔。
見ているときは、これが戯曲とゆーもの?と思っていた・・・これが叙情詩なのね(苦笑)。

登場人物の他に会話の中に出てくる人物名まであって、ちゃんと聞いてないとわけわからなくなりそうだったけれど(苦笑)。
余計なセリフがなく、淡々と進むので意外とわかりやすかった。
ただ、全体的に低めに抑揚があまりない感じにセリフを発していて全体に重かった。

ギリシア神話は子供の頃にちょこっと読んだ?くらいで詳しくはわからない。
お話としてよかったか?とかはよくわからなかったというのが正直な感想です。
ただただ、凄かった、かな。
見てよかったとは思いました。


初めて内野さん(臨場の人)見ましたが。
見事に濃い男前なお顔。
ギリシア軍一の英雄ということで、鍛えられたのか見事な二の腕。
でもって、ギリシア神話の服というのがどういうのかわからないけれど、ノースリ短パンで。
短パン~膝下から覗く足が、すね毛剃ったのかツルツルでつい釘付けになってしまった(笑)。


あ。そいや。
元おとこ組@高橋一也氏が出てました。
↑あらふぉJヲタとしてはやはし触れねばなるまいて(笑)。
スポンサーサイト
2010.09.27 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。