今井翼氏やジャニーズいろいろと。日々いろいろらくがき帳

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
思いっきりネタバレしてます。


舞台は、シャネルがスイスのホテルでエトワール@語り手に話しているところから始まる。
客席側に背を向けて、窓に向って静かにただずむアーサー。
オフホワイトのパンツ~釣りベルト。ブーツイン。
君が自由を求めるから・・・20世紀はまだ君を愛している・・・


街のカフェ
将校達のエチエンヌ送別会騒ぎ。
酔っ払い将校に絡まれたことがきっかけで騒ぎに巻き込まれるガブリエル。
その姿はまだ普通に長いドレスにブーツ(まだコルセットがあった時代かな)。
酔っ払いの感じが日によって違うらしい(笑)。私にはよくわからず。
2回目、3回目と見て、段々と他出演者さん達がいろんな役をやっていることに気付いた。
カフェマダム@高橋恵子さんが綺麗。素晴らしい貫禄。

20世紀(街の中
とにかく巡る20世紀♪今はまだ19せーいきーっ♪
でもなんで、これは筋書本に歌詞が載ってないんだろう?(どうでもいい・笑)。
街の中を歩く女性はみな、ウエストを細く絞ったロングドレス。派手な飾りを付けた帽子。
男性に腕を預けて歩くのが当たり前な中、ジャケットに乗馬パンツにハット姿で1人颯爽と現れるガブリエル。
そしてアーサー登場。
こげ茶のツイードのジャケットに乗馬パンツにブーツ、ハンチング帽。
アーサーはエチエンヌと話すときも、ガブリエルに話すときも、彼らの方を向いているので、客席からはひたすらに横顔とつむじ堪能(笑)。

シャネルの帽子店
今なら当たり前なすっきりとしたデザインの帽子が並ぶお店。
それを罵倒する高級娼婦・・・出来そこないのブルーベリーパイとか発想がオカシすぎ☆
派手な飾りの付いた帽子を果物店の贈り物みたい~と言い放つガブリエルは、薄いピンクの襟や袖にパイピングされたジャケットにロングスカートとシック。
そこに現れるエチエンヌとアーサー。
ガブリエルにお金を与えてお店を開かせているけれど、彼女が求めていることをわかろうともせず、喧嘩になり去るエチエンヌ。
この帽子はこうなんだろう?とガブリエルのやりたいことを理解し、必要なことを諭すアーサー。

ここでのアーサーはビジネスライクなチャコールグレーのピンストライプの三つ揃い。
椅子に座って足を組む姿がなんて様になるの(笑)。
下手側に椅子があるので、しっかと堪能してた(笑)。
帽子と会話するところが可愛い。数少ない笑顔かも。
帽子とアーサーとガブリエル・・・大きさがあまり変わらない!?(笑)。

少女時代
セットらしきセットはなく、フランスの田舎というのがわかるタペストリーのみ。
12才で母に死なれ、叔母の家に引き取られた後、孤児院で育ったガブリエル。
花道からどたどたと走ってきてエトワール@ガブリエル父に抱きつくガブリエル。
どーやったって12才には見えないから、あえて大げさにやっているんだろうなあと思った。
しぶしぶ、ぐずぐず・・・叔母達の名言?(笑)。
叔母達に苛められたガブリエルは強くなる。
墓場に秘密基地~~お墓の下の人と会話が出来たというのは2幕のアーサーにかけている?

ドーヴィルのお店
花道に現れるアンサンブル~避暑地の上流階級の人々。
11日昼は花道の横だったので、真横真上から話す声が聞こえた(笑)。
第一次世界大戦の始まり、上流階級の人々がパリから避暑地に避難。
上流階級の人々は新しく刺激的なものが好き・・・。
働く女性(看護婦)のために動きやすい服をと考えながらも、まずは上流階級の人々の目を向けさせることが大事だったのか?
お店の前で寛ぐガブリエルは(アーサーの)セーターをリメイクしたニットにロングスカート。
アドリエンヌやアントワネットもブラウスにロングスカートとすっきり。
避暑地にお店を出したのは事実だろうけれど、海辺に洋服店?今の時代の私にはなんか不自然に見えてしまった(苦笑)。
ロッシルド夫人の「バカでしょ~」が最高(笑)。

アーサーがシャネルのドーヴィルのお店を訪ねる。
車はなく、エンジンの音だけ(笑)。
アーサーはカジュアルなオフホワイトの薄いストライプのジャケットに白シャツに白のパンツ。
黒白のウィングチップ。
途中で手に持っていたジャケットを着るのだけど、ジャケットがジャストサイズすぎるのか、肩袖にしわが。
きちんと着れば大丈夫なのかな?
問題のちゅーは席によって見えたり見えなかったり。
しっかと観察するなら2階または3階から双眼鏡でしかと見るのがいいんじゃないかと(笑)。
(1階前列ではあまり双眼鏡を構えている人もいなかった)。
2人でデュエット。丁寧に歌っていて、はもりが綺麗。
私生児ーーさも重大なことのように言っていたけれど、も少しどれだけ大変なことなのか説明があってもいいような。
ガブリエルもアーサーも苦労して育ったから過去を語らない。
ガブリエルは権力~社会的地位、お金の大切さをわかっていたから、アーサーがそれを踏み台としたい気持ちがわかったのか?
やめなさい!ライブで聞いてみたい(笑)。
ときどきこういう言いきるセリフが素敵だったなぁ(笑)。
スポンサーサイト
2009.07.20 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。